So-net無料ブログ作成
検索選択

<外交文書>作成後30年「原則自動公開」 外務省が新規則(毎日新聞)

 外務省は25日、外交文書公開を巡り、作成後30年の原則自動公開などを柱とする新たな公開規則を制定したと発表した。同省幹部と有識者から成る「外交記録公開推進委員会」(委員長・福山哲郎副外相)を設置。来月中旬に初会合を開き、これまで非開示とされてきた1950年代の日米安全保障関係の文書の開示を検討する。

 外務省は今後、文書管理マニュアルを作成、担当職員を約30人増員して100人態勢とし、公開作業の迅速化を図る。【吉永康朗】

【関連ニュース
外交文書:作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則
普天間移設:米国務次官補が外務省局長と意見交換
砂川事件:「跳躍上告検討」など外務省公開文書に協議内容
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委
外交文書公開:作成後30年「原則自動」 外務省が新規則

シー・シェパード 元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
貧困ビジネス 大阪市が排除 保護費を悪用 30業者・団体(産経新聞)
「受け入れがたい中身。党首がサインするわけにいかないと確認」社民・又市氏(産経新聞)
地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
自民・中山元外相が離党届(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。